花よりさんぽ(DEPATIKA)

アクセスカウンタ

zoom RSS LR. Baggs Para Acoustic D.I. インプレ

<<   作成日時 : 2006/10/01 00:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 0

SoundHouseで購入したアコギ用のプリアンプ
L.R. Baggs Para Acoustic D.I.のインプレです。
前回「届きました」では、電池をつけるトコまで書きました。
さて、次はセッティング。

直輸入品のため、説明書は英語版しか付いてません。
英語を読むのは面倒なので、説明書を見ずにテキトウに
ギターに配線。説明書なしでも分かるシンプルさが心地よい。
音をだして、色々いじってみる。
画像
今日のお気に入りのセッティング

【機能 インプレ】

ツマミを見ると、要はボリュームとゲインが設定できる他に、
グライコが3つ(LOW,PRES,TREB)と、LOWとPRESの間に
パライコが2つ(NOTCH,MID)が付いているだけっぽい。

2万円の割に、案外、単純な機能しかないのに驚く。
パライコは、BOSSのヤツを持っているので使い方はすぐに
分かりました。

2つのパライコのうち、”NOTCH”のほうは、フィードバック
(ハウリング)防止用のノッチフィルターとして使えます。

そのために、ピーク値のツマミが、周波数ではなく、
音名での表示になっている。コレは、面白いアイデア。
使う人の立場に立った設計です。

ちなみに、横向きの「∴マーク」みたいなのは、PA送り用の
キャノン端子。ステージデビューのためには必須のモノです。
コレがなかったら、D.I.と呼べません。「D.I.=Direct Injection box」

キャノン端子からのファンタム電源(48V)による給電も可能です。
このときは、電池なくてもOK。

【音 インプレ】

まず、音だしをして”イイ!”と思ったのは、音ヤセしない点。
プリアンプなので当然なのですが、コレを通すだけで、音が太くなる。
単なるグライコ&パライコとは違うところです。
BOSSのパライコは音ヤセがありましたので。)

よくよくいじると、グライコとパライコの帯域設定が絶妙。
ツマミの数は多すぎず、少なすぎず。さすが、アコギ用に
設計されているだけあって、調整がとてもしやすいです。
色んな環境・状況に応じて、パパッと好みの音が作れそう。

手持ちのエレアコSinsonidoは高音域が弱めなので、
上から2番目の"PRES"を目一杯に上げる。
コレでハイポジションのメロディーがググッと際立つ。いい感じ!

他のツマミもバランスを取りながら調整。
で、音的にはこんな感じになりました。
(録音はMTRのBR-600を使用。wav⇒mp3変換済)

●まずは、Sinsonidoの生音。 

線の細いエレアコの音です。
これはコレとして、ガラスのような はかなさで、案外好きかも。。。

●次に、マルチエフェクター(ZOOM504IIAC)を通す。 

少し線が太くなりました。ただ、音質調整がHighとLowの
2バンドしかないので中音域が弱いです。

LR. Baggs Para Acoustic D.I.+マルチエフェクター 

中音域が出てきてバランスが取れました。
さらに音圧が増し、音が太くなってます。

(音の差が分かりやすいよう、リバーブ等を切っています。
 なお、環境によっては違いが分かりにくい場合もあります。
 ヘッドフォンを使うと、違いが良く分かります、お試しあれ!!)

しばらくは、好きな音を探して色々いじって遊べそうです(^^)/
今回も、いい買い物をしました。

ちなみに、輸入代理店のwebページで日本語版の説明書を見つけました。
説明書pdfファイル

■Specifications: ⇒メーカサイトより
 Size: 5.6" x 3.6" x 1.9"
 Weight: 14.5 oz.
 Battery Type: Single 9V
 Current Consumption: 2.9mA
 Battery Life: > 200 Hours (alkaline)
 External Power: 30-48V Phantom Power
 EQ - Low: ± 12dB @ 85Hz
 EQ - Notch: ± 6dB @ 98Hz-247Hz
 EQ - Midrange: ± 12dB @ 400Hz-1.6kHz
 EQ - Presence: ± 6dB @ 5kHz
 EQ - Treble: ± 12dB @ 10kHz
 Low Cut Filter: Fixed, 12dB/oct. @ 35Hz
 Sensitive: -3dBu
 Gain - Internal Adjustable: From 4dB-24dB
 Input Impedance: 10 Megohms
 Signal to Noise: -88dB, unweighted
 FX Send Impedance: 12k
 FX Return Impedance: 100k
 Output Impedance: 600 ohms

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
LR. Baggs Para Acoustic D.I. 届きました!
先日、webで「ポチッ」と行った、LR. Baggs。 さっそく、翌々日の28日に届きました。スゴイ速さ! ...続きを見る
花より散歩
2006/10/01 00:13
【レコーディング】DEPAPEPE「シュプール」
先日さわりだけUPした、DEPAPEPEの「シュプール」ですが、今日、相方とレコーディングしました。相方とあわせるのは先日のJFEスチールまつりのライブ以来、1ヶ月ぶりです。一昨日購入した、ハコ付きのアコギを使ってのレコーディング。 ...続きを見る
花よりさんぽ (DEPATIKA)
2006/12/10 23:32
L.R.Baggs Para Accoustic DIのSend-Returnの接続方法
某所で質問が出てましたが、L.R.のパラアコDIに、エフェクターをSend-Returnで接続する方法について、以前さんぽも苦戦しましたので、備忘録として書いておきます。 ...続きを見る
花よりさんぽ(DEPATIKA)
2008/02/08 03:45

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
LR. Baggs Para Acoustic D.I. インプレ 花よりさんぽ(DEPATIKA)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる