花よりさんぽ(DEPATIKA)

アクセスカウンタ

zoom RSS リズムトレーニング本 2冊

<<   作成日時 : 2007/09/02 00:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

いつも行く、新宿のロックインA館のアコギフロアー(4階)の2階下のドラムフロアーに、ぶらっと寄ってみました。最近少し気になるフロアーです。

某webサイトで評判の"Syncopation"という、ドラムのリズム訓練本を前から探してたのですが、そこで発見したので購入。(1008円)
画像


基本的なリズムパターンが沢山のっているので、
画像

試しに、

 ・メトロノームをツーとフォーで鳴らし、 
 ・口で「1&2&3&4&」とカウントを発声し、
 ・下の音符は左足を踏み、
 ・上の音符は右手でストロークして、
  (左手はとりあえず、ミュートで、)

練習してみました。最初の方は、かなりカンタンそうな譜面なのですが、苦手なパターンが出てくると必ずつまずいてしまうので、メトロノームをゆっくりの40くらいから、段階的に上げていくと、とても訓練になります。

最初は、右足とドラムスティックの組み合わせで練習しようかとも思ったのですが、上のやり方のほうがギターのストロークの実践的な練習になって、良さそうな気がします。

また、同じ譜面でも、「イーブン」と「バウンス(ジャズのシャッフル)」のリズムで弾きくらべているうちに、バウンスのリズムでのピックの動かし方のコツが少しつかめた気がしました。

昨年、イベント塾で一緒になった、ジャズギターのFさんのピックの動きが「だ円軌道」だったのを良く覚えているのですが、シャッフルのリズムは「だ円軌道」だと、とてもノリが良くなり、弾いてて心地よいのに気づきました。

他に、「リズムに強くなるための全ノウハウ」という本も購入。
画像


音楽理論の本かと思いきや、理詰めの説明ではなく、例えば、「アップ・ビート(=アウフ・タクト)、ダウンビート」については、「鳥の羽ばたき」に例えるなど、直感に訴える説明で面白い。

また、バスドラのキックの足の動かし方について、同じ4分音符4つでも、「イーブン」のときと「バウンス」のとき(下の譜例)では、動かし方が異なるという話も書いてあった。「ノリの違いはココから生まれるのか!」と、目からウロコ。
画像


ただし、全体的にたとえ話の羅列が多く、説明が回りくどい部分もあるけど、とても参考になる本でした。

最近購入する本は、”あたり”の本が多い気がします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リズムトレーニング本 2冊 花よりさんぽ(DEPATIKA)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる