花よりさんぽ(DEPATIKA)

アクセスカウンタ

zoom RSS 仮相方

<<   作成日時 : 2008/07/24 01:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


ここ最近、ももかんの「空は藍色」の練習をしてるのですが、ソロのメロの部分の練習がいまいち楽しくなくなってきました。

指は入ったモノの、そこから伸び悩んでいるというか。BRのリズムマシーンにあわせて弾いていてもいまいちノレないというか。。。

バッキングの部分は、リズムが難しくノリを出すために、結構燃えるのですが。


で、たまたま、一昨日レコーディングについて調べてたのですが、レコーディングの方法として「一発録り」と「パート別録り」があって、別録りの場合は、一番最初にドラムを録るという話。次に、ベーシストがそのドラムをヘッドフォンでモニタしながら、ベースが弾く。

で、次はそのドラム+ベースを聞きながら、ギターをとる。これでオケが完成するので、そのオケを聞きながらボーカルを最後に録音する。

まあ、ここまでの話は、よく聞く話なので、ご存知の方も多いかと思います。さんぽも知ってました。ただ、その後、初めて知ったのが「仮ボーカル」という言葉。

ドラムの人が、クリック音だけに合わせて叩いてると、どこをたたいてるのか分からなくなることも有るので、先に仮にボーカルを録音して、その「仮ボーカル」に合わせて叩くことがあるらしい。

そうすることで、どこを叩いているかがわかりやすくなるだけでなく、グルーブ感も出しやすくなるらしい。。

「へー」と思いながら、これは使えるかも!とひらめきました。「仮ボーカル」ならぬ、「仮相方」を自分で弾いてとってみたらどうかと。幸い、ももかんの曲の相方パートは、さんぽパートのバッキングとメロを交互にで弾く感じのところが多いので、相方パートも弾けちゃうんですね。

で、「仮相方」パートを試しに自分で録音し、それに合わせてさんぽパートのソロをひいてみると。。。


これが、とてもノレて弾けます!!


ソロを弾いてるときの興奮度が、段違いに高いです。いやー、面白い練習方法を見つけました!これが「仮相方」でなく「本物相方」だったらもっと楽しいのですけどね。。。

たまにはこんな練習法も、アリですよね。「本物相方」の音源が待ち遠しいさんぽでした。


>>相方
 今度、ももかんも合わせようね!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
トータルの音としてはそちらの方が綺麗に聞こえるんで「良く出来ている」と勘違いしちゃう事がありますから、その点は要注意です〜。
Nem
2008/07/24 02:47
ホントに要注意ですね。ノリすぎるとフレーズが大げさになって、細部が甘くなりがちですよね。よく弾けた気がしてても、後で聞いてみると、ぜんぜん弾けてなかったりで。。。
さんぽ
2008/07/26 11:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
仮相方 花よりさんぽ(DEPATIKA)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる