花よりさんぽ(DEPATIKA)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「伯爵の恋」譜面書き

<<   作成日時 : 2009/01/04 13:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今度の2月のオフ会でタケさんとセッションをする予定の、DEPAPEPEの「伯爵の恋」を練習し始めました。

初めはオフィシャルスコアを見ながら練習していたのですが、スコアは五線譜とTAB譜が2パート分有り、4段構成になっていて改ページがとても多いんですね。練習していると、18小節でページめくりが必要になり、練習に集中しにくいんです。

で、さんぽが担当する「徳ちゃんパート」のTAB譜を音楽ノートに書き写しました。
画像


譜割りは聞いて覚えるので、数字とコードネームだけを書いてます。A4版のノートなので、見開きの2ページで収まりました。これで、譜面めくりに邪魔されることなく、練習に集中できます。イントロ、Aメロ、Bメロ、エンディングは、少し前に練習していて既に暗譜しているので、省略。バッキングのコードがメインです。

以前は、譜面を切り貼りしてパート譜を作ってたのですが、手間を考えると、実は書き写してしまったほうが早いみたいです。

しかも譜面を書き写すことで、繰り返し回数とかの曲の構成を把握することが出来ます。デパペペの曲って8小節コードの繰り返しが多いので、結構覚えやすいです。

あと、この曲はボサノバでよく出てくるコード進行があるので、ボサノバ好きのさんぽにとっては指なじみがある感じです。

エンディング前のバッキングの進行の、

 Em7(9) A7 D△7(9) G△7

です。

ただ、一番の難関は早弾きのソロのところです。in-tempo=171に対して、今のところ、確実に指が回るのは130が精一杯です。。。Snowdanceもそうでしたが、いつも早弾きの部分には、悩まされます。でも、練習あるのみですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おひさしぶりです。
これを見て自分も練習しなきゃって思いました
でもやっぱり難しいですねー。。伯爵。
Em7(9) A7 D△7(9) G△7
↑このコード進行、音が綺麗にならなくて自分はすごく苦手です
タケ
2009/01/08 23:35
当日、あわせるのを楽しみにしてますよ!

Em7(9) A7 D△7(9) G△7
の進行は、セーハを使わずに、4本の指でバラバラに押さえる、ボサノバ独特の指使いです。

特に難しいのは、4本の指が交錯するD△7(9)だと思いますが、慣れるとスパッと決まるようになります。

ポイントは、前のコードの「5フレでのA7」の押さえ方で、セーハを使わないで押さえるとA7⇒D△7(9)の進行が楽になりますよ。試してみてくださいね。
さんぽ
2009/01/09 01:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
「伯爵の恋」譜面書き 花よりさんぽ(DEPATIKA)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる