花よりさんぽ(DEPATIKA)

アクセスカウンタ

zoom RSS さんぽのギターたち

<<   作成日時 : 2009/02/17 01:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

Staffordのハコ付きギターも、ariaのサイレントギターのsinsonidoも嫁がせてしまい、さんぽはギターをやめてしまうの?どういうつもり?と、ご心配のみなさま。


まだまだ、さんぽはこの先もず〜とギターを続けますので、ご安心ください。

今後は、スチール弦のアコギ2台(ハコ付き、サイレント)と、ナイロン弦のガットギター2台(ハコ付き、サイレント)の、4台体勢で行きます。DEPAPEPEのほか、Gontitiも録れますので。。。

画像


いずれも、安物では有りますが、とても愛着の深いヤツラです。


●一番右の茶色いのは、学生時代から一緒の「一柳ギター 20号」。HPを見ると今は20号ってのは無いようですね。

ナイロン弦のガットギターで、松の単板が甘〜い音色を響かせてくれます。コレでよくGontitiの「GreenChristmas」を弾きました。他、「カバティーナ」「大聖堂(序曲のみ)」などのクラシック系の曲も多数。。。ピックアップがない、純生ギターです。最近はあまり出番が無く、箱の中で眠っています。たまには弾いてあげないとね。。



●右から2番目の青いのは、今後、「みんなでDEPAPEPEを弾こう」OFF会で大活躍予定の鉄弦のエレアコ、YAMAHAのAPX700です。

ボディーが薄くて軽いので抱えやすくて、弾きやすいです。生音はちと音量控えめですが、日中の自宅練習用に重宝しています。(お陰でStaffordの出番がめっきり減ってしまったのですが。。。) また、スタジオリハでライン直結でもソコソコの音を出してくれるのが、結構便利かも。生音と違い、バンドのアンサンブルの中では結構存在感のある音で、使えるヤツです。(ただし、音的にはソロ向きではないかも。)



●その左は、鉄弦のYAMAHAサイレント、SLG-100Sです。

音楽コンテスト、横浜フッドに出場するために購入。DEPATIKA数々のライブをずっと共にしてきた戦友であり、さんぽの体の一部のようなものです。(先代のAriaのサイレントギターのSinsonidoは嫁ぎ先募集中ですが。。。)

決勝の時には、ハンズで買ってきたクリスマスのLEDランプを貼り付けて電飾ギターにしました。今でもやろうと思えば、電飾ギターを復活できますが、かなり面倒なのでもうやらないかと。。



●一番左が、ナイロン弦のYAMAHAサイレント、SLG-100NWです。一応、エレガットになりますね。

これは、最も初期型のYAMAHAサイレントギターで幅広タイプのネックで、クラシックギターと同じネック幅です。すでに廃版になっていて、貴重です。(今は、幅広タイプは高級グレードしかなくなってしまいました。) もともと、クラシックギター弾きだったさんぽには、幅広タイプのエレガットが欲しくて、録音用に購入しました。幅広タイプだと、4本の指が絡み合うようなボサノバのコードも押さえやすいんですよね。

実は、一柳ギターにピックアップをつけてもよかったのですが、サイレントだから便利かなと思いまして。。。でも、今の所GONTITIのメロの録音位にしかつかってません。一番ホコリをかぶっている可愛そうなギターです。



ちなみに、左の3台は、いつもスタンドに立てっぱなしです。安物なのでホコリかぶってもイイやと思い、出しっぱなしにしてるのが、ギターを持つ機会を増やしてる気がします。特にYAMAHAのAPXは、電源を入れる必要がないのでイイです、チューナも内蔵だし。。。


というのも、上にもすこし書きましたが、Staffordの時は勿体無くてケースに入れっぱなしだったんですよね。弾いた後も、丁寧にシリコンクロスで拭いてあげたりして。手垢を拭いてあげると、キレイに黒光りするのが嬉しくて。弾くよりも拭く方が熱心になってたりして。。。


下の写真が、既に嫁いだStafford(左)と、嫁ぎ先募集中のAriaのsinsonido(右)です。

画像


こうして並べると、Sinsonidoのコンパクトさがよ〜く分かりますね。これでもキチンとフルスケールのネックで、プレイヤビリティ抜群ですから、デザインの妙ですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
6台も持ってたんですね
そちらのAPXは出っ張ったフレットが無くて良いですね〜
あれジャマなんだよね〜
Room432
2009/02/18 01:16
そうなんです。ギターって、不思議といつの間にか増殖するんですよね。。。というか、サイレントが3台というのは普通じゃないですね。。。

あと、ギターアンプ2台、パワードスピーカ2台、ウクレレ2台、MTRも2台ですね。他には、電子ドラムと電子ピアノ。チューナ・ケーブルなどの小物類は数え切れません。。。もう、これ以上は、増やさないようにします。(減らす方向で。。。)

MTRは、大きい方(BR-1600CD)を1台嫁がせようか、迷ってます。スペースを取るし、この先子供の良いオモチャになってしまいそうなので。。。

自分の子供だったら3歳くらいになったら確実にツマミとかフェーダをいじり倒して取ってしまいそう。

でも、BR-1600の方はBR-600よりもヘッドルームが大きく取れて、ハイゲインな気持ちいい音で撮れる(&練習出来る)ので、捨てがたいんですよね。。。
さんぽ
2009/02/18 01:41
(文字数オーバ。つづきです)

>出っ張ったフレットが・・・

ピックが引っかかるんですかね?
でも、デザイン的にカッコいいじゃないですか。

コッチのAPXは、サウンドホールのふち取り部分が
一段高くて段差があるので、小指の置き場が
不安定で困るんですよね。

ROOMさんのAPXも、段差付いてます?
さんぽ
2009/02/18 01:42
>段差付いてます?
付いてますよ〜
あそこにもピックが当たりますね〜

サウンドホールから手を突っ込んで出力ジャックまで届きますか?
こっちのは、あの出っ張りがジャマで手が入らないんですよ〜
Room432
2009/02/18 22:17
やっぱり、ROOMさんのも段差があるんですね。この段差は弾かない人がデザインしたとしか思えないですよね。。。CPXは段差が無いのに。

>こっちのは、あの出っ張りがジャマで手が入らないんですよ〜

ああ、そういうことですか〜。弦を外して手を突っ込んでみたことがないので分かりませんが、入口には入りそうですね。でも、力木が邪魔して奥まで届くか微妙ですね。
さんぽ
2009/02/18 22:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
さんぽのギターたち 花よりさんぽ(DEPATIKA)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる