花よりさんぽ(DEPATIKA)

アクセスカウンタ

zoom RSS ストロークの右手ミュートのコツ

<<   作成日時 : 2009/04/25 01:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

DEPAPEPEの曲のバッキングのストロークでよく出てくる、

画像


このパターンの「×」の音符、カッティングのコツです。


これ、今まで全然弾けなかったのですが、コツが少しつかめた気がしたので、備忘録。。。

こんな感じ。

画像


絵の中の説明書きです(読みにくいので)

(*)この位置にピックが来たときに、右手ミュートがあたるようにする。と言うか、ミュートが当たってピックがこの辺で泊まるイメージ

2:次のアクセントに備えて、大き目のフォロースルーをとる

⇒ポイントは、ピックが1弦を通り過ぎてから、ミュートするのではなく、
 1弦に当たる瞬間にミュートをして、1弦上でピックを止めるイメージ
 を持って弾くといいかも。


力みすぎず、軽くピックを当てながらミュートをすると、「チャッ!」という軽快なカッティング音が出ます。力むと「バキッ」とか、ミュートミスして「ジャーン」と実音が出たりします。。。(汗)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ストロークの右手ミュートのコツ 花よりさんぽ(DEPATIKA)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる