鎌倉散歩

今週号のHanakoは鎌倉特集!ということで、Hanakoを片手に鎌倉へ行ってきました。小洒落たレストランカフェが載ってたので、そこに行ってみたくて。。。ひさびさの、お散歩ねたです。

画像


場所は鎌倉宮の奥。覚園寺(カクオンジ)のすぐ手前。鎌倉駅から「鎌倉宮(大塔宮)行き」バスで10分、終点です。

まだ、お昼までは時間があったので、まずは覚園寺へ。鎌倉宮から、「この先行き止まり」の看板をわき目に、閑静な住宅街を行きます。ウグイスやエゾリスの声も聞こえます、とてものどかな場所です。天高くからは「ぴー、ひょろひょろひょろ~。」とトンビが鳴いてます。

歩くこと10分、行き止まりまで来ました、覚園寺に到着。
画像

モミジから、赤っぽい双葉みたいのが出てます。これってモミジの花でしょうかね?

しばし、昼食前の散策。

蓮の葉、パックマン。
画像


何の花でしょうか?ずらり並んでキレイです。
画像

「王妃の耳飾り」にも似てますが、花の付き方が違います。

このお寺では、住職さんがお寺の案内をしてくれるそうです。
画像


所要時間45分と長めのツアー。昼食前の腹減らしにはちょうどよいかも。11時にお堂の前に集合。10人くらいの参加者が集まりました。カメラを取り出すと。。。住職さん、「ここからは、撮影禁止になりますので、ご容赦ください。」とのこと。

怒られちゃいました、信仰のモノですからね・・・。ということで、ココからは写真がありません。お堂の横の柵を開けていただき、拝観料を納めて「関係者以外立ち入り禁止」の山エリアへ。

山エリアは、杉の木が鬱蒼と茂り、地面は苔むして、空気はひんやりしています。周囲はひと気がなく、聞こえるのは、空高くから「ぴー、ひょろひょろひょろ~。」という、トンビの声だけ。鎌倉駅から20分の場所とは思えません。

住職さんから、覚園寺のご説明。鎌倉幕府二代執権、北条義時が建立。このお寺の山は、2万坪あり「鷲峰山(じゅぶせん)」と呼ばれるそうです。山全体が「天園ハイキングコース」になっていて、お隣は、鎌倉駅の向こうの、建長寺だそうです。

ノンビリ歩き、5分くらいで、本堂の薬師堂。江戸時代に再建された茅葺屋根の立派なつくりです。歴史を感じます。お堂に入ると、薬師如来と日光・月光菩薩の三尊像が。自然と、ありがたい気持ちになります。ありがたい説明を聞きお参りしました。

次、お堂のウラへ。アジサイやモミジ、桜などがキレイに植えられて、手入れも行き届いており、季節ごとに楽しめそうです。中央には、昭和天皇が持ってきたという巨大なアカシア杉(メタセコイア)が。

撮影禁止なので、あまり外向けには宣伝していないそうですが「隠れたモミジの名所」だそうです。是非、秋に来てみたいです。

洞窟のお堂もありました。中に入ると、暗く、声が響きます。鎌倉には洞窟のお堂が2000以上あるそうですが、ここのお寺の山には、270余りの洞窟のお堂があるそうです。

案内ツアー、とても楽しめました。GWというのに人も多くなく、オススメの場所です。あまり観光地化されていない感じなので、カナリ渋めのチョイスですが。。。

そろそろ、お昼にしましょうかね?(つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

K♪
2008年04月27日 09:12
わぁ、ちょうどK♪も鎌倉に行きたいと思っていたところです。ステキなところを紹介してくれてありがとう(^ ^)/
覚園寺ゼヒ行ってみたいです。
お花は確か『鯛つり草』だったと思いますよん。カワイイ名前だよね♪
2008年04月27日 18:50
鎌倉いいですよね。隠れた名所、是非、行ってみて下さいね。鯛つり草っていう名前なんですね。大漁ですね。