新デジカメ購入

Canon IXY DIGITAL 110ISを購入しました。

画像


今まで初代から3台目まで、キビキビ動いて基本性能の高いCasioを選んできたのですが、下記の消極的な理由で、Canonに鞍替えしました。以下、さんぽの独断と偏見の意見ですので、悪しからず。。。

(個人的には、Canonは顧客を大事にしない会社だと思ってるので、嫌いなんですが。。。[関係者のかたゴメンなさい] フィルム一眼レフ時代に、マウントを何度も変えたのを見ても分かるでしょう。。。Nikonの不変のFマウントを見習って欲しい。。)

【Casioから鞍替えした理由】
 ・Casioがクレードルをやめてしまった
 ・Casioの描写性能が悪くなった。今まで愛用していた
  EX-Z850(※)の描写を超える機種が現行機にない。
  (※EX-Z850はペンタックス製レンズという噂)
 ・画像エンジンがショボイ。
  (美肌モードを使うとキビキビ性が損なわれる)
 ・手ブレ補正搭載が最後発で技術がこなれていない。
 ・動画性能がショボイ(EX-Z850での最大の不満)上、
  ダイナミックフォトとか言う、訳ワカラン方向に走っている。。

以上が、Casioから鞍替えした理由です。で、数あるデジカメから、下記の積極的な理由から、CanonのDigital Ixy 110IS を選びました。選定に当たっては、今までと用途が大幅に異なり、ヨメさんの使い勝手を向上することが重視しました。

【CanonのDigital Ixy 110ISを選んだ理由】

 ・安い(16,800円)のに高機能。
  (こりゃデジカメメーカ、儲からんわな)
 ・画像エンジンがよい、Digic4は秀逸で、ISO400までは十分
  使えるレベル。かつ、自然色に近い描画
  (Panaの派手目の発色は好みでない)
 ・閲覧時にソコソコ、キビキビ動く。
  (Casioには叶わないが、Fujiより早いのでココは我慢)
 ・光学手ブレ補正の利きが素晴しい。
  (ヨメさんが子供を撮ることが多いので)
 ・AFが早く、顔認識が付いている。
 ・広角側が35mmで広すぎない。
  (赤ちゃんをメインに撮るのに、28mmとか24mmは要らない。
   いちいち、チョコットズームするのがメンドクサイ。
   RICOHは、画角記憶も出来るが、AFが遅いので却下)
 ・動画が綺麗(Casio比)。かつ、HD動画が付いていない。
  (HD動画はファイルが重くなりすぎるの不要)
 ・お任せオートで、3cmマクロから遠景、夜景など
  何でも撮れる。
  (ヨメさんが接写するときに使いやすいので)

 ・510ISと比較して110ISの気に入った点
  -ボタンに機能が書いてあるので、分かりやすい。
   (510はボタンを押さないと、ボタンの機能が
   分からないので不便)
  -4:3フォーマットで使ったときの画面が大きい
   (510は4:3で使ったときに左右が余る)
  -電池の持ちが260枚と、60枚分多い。
   (Casioの半分しかないのは我慢。
    電池2個体勢必須)

 ・210ISと比較して110ISの気に入った点
  -少し本体が厚いので、ホールド感がよい。
  -AFがちょびっと早い
   (いじって比較した感触です)
  -ポップな色でカワイイ。今までと気分が変ります。。
   (ヨメさんの好みの色です)

 ・220ISと比較して110ISの気に入った点
  -価格はほぼ半額近いが、昨日は8割くらい搭載されてる。
  -筐体が金属
   (220ISはプラ。210ISは金属でよかったのに。。。)

【機能的に他に劣る点】
 ・追跡AF機能がない(220IS、510ISは有る)→運動会とか不便かも
 ・夜景、暗い室内は粒子が荒れる
  (FUJI のFINEPIX 200EXRは夜景、室内は抜群)
 ・レンズの周りがクロームめっき(210SI、220SIはヘアライン加工)
  →ブツ撮りのときに、レンズ周りのピカピカがモノに写りこむ
 ・電池が260枚。Casio EX-Z400は700枚!、今のEX-Z850でも550枚。
 ・クレイドルがない。
 ・USBマスストレージ非対応
  →これはかなり不便!カードの入れ忘れを誘発する。


これまで使ってた、Casio Exilim EX-Z850です。隠居生活になります。。。

画像


次回は画像とインプレ。とりあえず、夜に、ぱしぱし撮ったのを載せてみます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント