オーディオインターフェース Roland EDIROL UA-3 修理

4年前に中古で購入した、オーディオインターフェース Roland EDIROL UA-3。2年前位から、ヘッドフォン端子の調子が悪く、右チャンネルが出ないことが多くプラグをぐりぐりして、微妙なバランスの位置で騙し騙し使ってきましたが、いよいよ本格的に右の音が出なくなりました。

画像


原因はおそらく、プラグをさしたまま、ケーブルを何度も足に引っ掛けたことがあるので、そのときの衝撃で、プラグ端子の半田付け部にひびが入っていると思われるので、半田を追加盛りすれば直るかと。。。



ということで、重い腰を上げてようやく作業に。。。以下、決してマネをなさらないでください。万一、参考にされる場合は、自己責任で。(事故等の責任は負いかねますので。。)




まずは、裏面のネジを外します。(白いテープは机に固定するための両面テープです)

画像


中身はこの通り。

画像



ここの半田を、こちら側から追加盛りしました。3本ともです。この写真は作業後です。

画像



各端子の写真。上が半田追加盛り前、下が追加盛り後です。半田の量の違いが分かりますかね?

画像
画像
端子1




画像
画像
端子2




画像
画像
端子3
(一番やばそう。。)




最初から、コレくらいシッカリ半田を盛っておいて欲しいものですね。。


さて、テストラン。。

画像



右チャンネルも良好になりました!!プラグをぐりぐりしても全くびくともしません。両チャンネルとも良好です。


これで、あと5年はいけるかな?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2010年03月02日 23:50
自己レスです。
1日たったら、また右チャンネルがならなくなってしまった。。。(汗) 見た感じシッカリくっついてるようなのに何でだろ? 半田盛りすぎて、スルーホールの金が半田に喰われて断線したのかな?