紫雲膏、すばらしい!

4月からずっと悩まされている、アトピーの皮膚炎ですが、こちらのほうも最近随分良くなってきました。

本件については、心理的な影響もあるみたいなので、ブログで書くのは出来るだけ避けてきたのですが、記事に出来るくらいの気持ち的な余裕も出てきました。

で、つい3日前、netのアトピー関連記事であちこち見かける漢方薬の塗り薬、「紫雲膏」を薬局で見つけたので、今、試してます。

痒いところは、オデコ、マブタ、ひじの内側、手の指、などなど、あちこちあるのですが、ギターを弾くのに一番影響のある、「左手の小指の第一関節の外側」の状況について、レポ&備忘録です。


◎4月(序章)

  ・自宅で水仕事をするようになり、小指の第一関節の外側にアカギレが。
   それほど気にせず、生活してました。ギターも結構普通に弾いてました。


◎5月(ステロイド投与!)

  ・マブタの上に湿疹が出たため、皮膚科に。マブタの薬と一緒に指の
   アカギレの薬を処方してもらいました。前者は、眼科用のステロイド、
   後者は普通のステロイド薬でした

  →皮膚科の先生から、ステロイドは新幹線みたいなもので、目的地に早く
   たどり着くための道具、との説明があり、しぶしぶ処方してもらうことに。

   まずは、痒い湿疹を治し、その後、原因を考え、その原因を取り除くのが
   重要とのこと。今まで、マブタの上に湿疹が出たのは生まれて初めて
   だったので、かなりあせりました。

   原因として考えられるのは、

     ・2月から4月末まで飲み続けていた、花粉症の薬(抗ヒスタミン剤)
      を飲むのを止めたことによるリバウンド
     ・4月から朝型の生活に変えたことによる、生活習慣の変化。
     ・布団の「ハウスダスト」
     ・寝室の「畳+じゅうたん」の「ハウスダスト」
     ・4月に新たに購入した洋服ダンスの接着剤のホルムアルデヒド
      によるシックハウス症候群
     ・趣味のギターを弾く時間がなかなか取れないことによるストレス
     ・仕事上のストレス

    などなど。

  ・ステロイド薬を塗り始めると効き目はとても早く、ほぼ3日で完治。
   (先生が言ってた「新幹線」は本当だと感激。)

  ・完治したと思い、薬を塗るのを止めると、夜、とても痒くなり、寝ている間に
   患部を掻き壊してしまった。。

  →職場の先輩から、ステロイドは一度塗ると癖になり、止めるとリバウンド
    でもっと痒くなると、驚かされる。

    netの記事でも、外からみる&触ってみた皮膚の手触りが完全に
    元通りになるまで、塗り続けないと、すぐに元に戻ってしまうとの、
    記述も見つける。

  ・根気強く塗り続けること10日程度、皮膚が随分奇麗になりました。

   (この頃、夜、床につくと、全身が痒くなる症状が毎日のように出ていた
    ので、夜寝るのが怖かった。。。怖くて、わざと明け方まで起きてみたり。)

  ・ステロイド薬を塗るのをやめることに。。

  ・一晩経ち目を覚ますと、患部は掻き壊しで血だらけに。。。
   あと少しでギターを弾けるようになると思ったのに、血だらけの患部を
   見ると、ものすごくブルーになります。

   (あわせて、気管支の風邪もずっと治らないので、かなり思い悩む
    ことに。。)

  →netで調べると、ステロイド薬は常習性のある危険な薬との記述あり。
    長期間塗り続けると皮膚が薄くなり、塗るのを止めるとリバウンドで
    痒くなるらしい。しかも、皮膚が薄く敏感になるので、痒みは塗る前
    よりも強くなるようです。

    (ただし。皮膚科学会では、次第に弱いステロイドにしていき、
     最終的には保湿クリームレベルまで下げていき、そのクリームを
     ずっと塗り続ければ危険性は無いとの見解で、ステロイドの処方を
     推奨しているらしいが、この辺は解釈の問題っぽい。

     皮膚科学会のガイドラインに従わず、独自の治療方針で治療を
     行っている皮膚科もいるみたい。)

   ・5月は、塗る→治る→掻き壊すを、延々続けてました。一番苦しかった
    のは、全身が痒くなり、痒みで一晩眠れない日が何度もあったことです。


◎6月(脱ステロイド!)

  ・たまたま、チビの「あせも」の薬があったので、それを塗り始める。
   佐藤製薬「ポリベビー」ステロイドを配合していない。
   酸化亜鉛配合。

  ・掻き壊しでジュクジュクして、透明な液体(リンパ液)が出ているところに
   ぬると、2日位でジュクジュクが収まります。かなり効きます。

   (数年前に、使ったことのある「テラマイシン軟膏」よりも、はるかに
    効き目がありました。テラマイシンの場合は、リンパ液がかさぶた
    みたいに黄色く固まるけど、それを剥がすとまた、ジュクジュクになる
    のですが、ポリベビーの場合は薬がジュクジュクを吸収して乾燥して、
    治してくれる感じです。)

  →Netで調べてみると、ポリベビーはアトピーの人に好評みたいです。

  ・ポリベビーはステロイドよりも効果が出るのは遅いけど、結構効きます。
   ただ、皮膚を乾燥させる効果が強いので、マブタの上に塗ると、マブタ
   が突っ張って、とても違和感があり、表情が多少引きつります。。。(汗)

  ・他にも、某マイミクさんから、アトピーには腸内環境を整えるのが良い
   という話も聞きました。

  ・そこで早速実践することに。。職場の同僚で肌が弱いという人の意見も
   取り入れながら。。。


   《腸内環境改善メニュー(実践中) 》

    -抜きがちだった朝食を、必ずとる
    -朝食時にヤクルトを一本
    -朝、夕にチョコラBBを1錠ずつ飲む
    -食事には3食かならずサラダを食べる
    -糖類を極力取らないために、会社で飲む缶コーヒーを
     やめ、ミネラルウォータに
    -お菓子などの間食もやめる。
    -辛いものを控える。
    -夕食が遅い時間にならないようにする。
    -酒は飲まない。
     (元々あまり飲まないけど、お誘いも断腸の思いで断ったり。。。(涙))
    -帰宅後、ニンジンのスリオロシを食べる
     (ニンジン野菜ジュースは効果が低いみたいなので、スリオロシに
      途中で変更した。)
    -趣味の時間を多少持つ。
    -夜は早く寝る。12時前には。。

   ・腸内環境のほうはすぐには効果が出ませんでしたが、じっくり
    気長に取り組んで行くことにしました。

    (さながら、ステロイドが新幹線なら、腸内環境は鈍行列車かと。)


=つづく=

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2010年07月24日 19:33
この道36年なので良く分かるよー
だからあえて何も言わないけど.
おつかれっす!!
SHU
2010年07月24日 19:57
同じく、その道?3X年、今年は自分も
ストレスが多いのか昨年よりつらい・・・。
がんばってください。
紫雲膏の効果期待してます。
2010年07月29日 00:22
★るい
ほんと、アトピーって大変なんだね~。今まで全然知らなかったよ。。

★SHUさん
ストレス大変ですね。しかも、その道3X年だったとは。。。

紫雲膏の効果、よさそうですが、最後の最後に治らないんですよね。。やはり、長引いてますね。