トモ藤田さんの”ギター耳”育成講座

久々に、トモ藤田さんのHPに行ってみたら、新しい動画の講座のページが立ち上がってました。

こちら


トモ藤田さんのギター講座は、利にかなっていて実践的でとても参考になるので、大好きです。



CD付き著書の『耳と感性でギターが弾ける本』との連動企画みたいです。

この本も気になるなぁ。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Room432
2010年09月08日 22:59
おひさしぶりですね~
その後体調は如何ですか?
トモ藤田さん好きの音友さんから玉のアンプ買えって
何度か言われたけれど、やっと理解しましたよ(笑)
2010年09月08日 23:38
どうもありがとうございます。体調、随分よくなりましたよ。指の皮膚のほうもよくなって来たので、ぼちぼちギター本復活できそうです。でも、相変わらず仕事が立て込んでるので、しばらくは微妙ですね。

「玉のアンプ」って何ですか?メトロノームのことではないですよね??
2010年09月08日 23:42
TAMAのアンプですね。
Room432
2010年09月08日 23:59
ご免々
球でしたかね?真空管のギターアンプ
何でもピッキングの違いが顕著にわかるそうですが...
本当かいな???
2010年09月09日 00:06
真空管のこと、タマって言うんですね。ピッキングの違いが分かりやすいとは知らなかったです~。
Room432
2010年09月09日 00:49
ヤベ!ゼネレーションギャップか~(笑
真空管が球でトランジスタが石なんすけど...
もう死語かな?
その方の音源聞いたら、確かにピッキングが旨くなっていたので本当かもしれませんけれど流石に自宅でアンプは無理ですわ~
2010年09月11日 01:10
確かに自宅でアンプは厳しいですよね。

トランジスタが石なのは聞いたことありましたが、「球」は電球のイメージしか無かったです。。(そういわれると、電球も真空管といえば真空管ですね。