第1回「100人でSTART弾こう」レポ その2

レポ続きです。 その1はこちら


●いざ会場へ!

さて、Yanaさんの車に乗り込んだ、さんぽ、ナベやんさん、まッき-さん。SHUさんの車には、走ったりさん、のりこさん。総勢7人。アコギ談義に花を咲かせながら会場へと向かいます。会場までは車で20分。っと、その前に、腹が減っては何とやらで、会場近くのコンビニで、昼食の食材を調達。

コンビニを出て周囲を見渡すと、適度な田舎度でさんぽの実家(群馬)の辺りの雰囲気に似ていて、なんだか懐かしい気分になりました。

画像


委員長のキャノーラさんも、下見に来たときに同じような事を言ってたとか。。同じ、田舎育ち、ちょっと嬉しくなります。。

いざ出発、っとその前に、コンビニに戻り、「荷造りヒモ」と「油性マジック」を買ってきました。。何に使うかは、また後で。。


コンビニを出ると、すぐに会場に到着。「七里コミュニティーセンター」です。

画像

画像


七里地区にあるコミュニティーセンター、平たく言うと公民館ですね。体育館的な多目的ホールもあり、図書館も併設されています。

今日の予定に「TMG」の文字があります。コレを見るだけでも、嬉しくなってしまいます

画像

画像


会場探しでは、広さが足りなかったり、空きがなかったり、予算が合わなかったり、楽器演奏が出来なかったりで、なかなか望みに叶う場所が見つからなくて、とても苦労しました。。予約いただいた、SHUさんに感謝です。さんぽにはあの大英断は出来なかったと思います。

大宮駅からのバス便とのことで、多少アクセスが大変かもしれませんが、ゼイタクはいえませんね。会場は「多目的ホール」、控え室は2階の「アトリエ」です。

2階に上がろうとすると、モトフユキさんのお出迎えが。

 モ:「みなさん、おはようございます!」
 み:「お早うございます!!」

 さ:「初めまして、さんぽです!」
 モ:「どうも初めまして!」

モトさんとは今回が初顔合わせだったのですが、TVKのsakusakuのDEPAPEPEインストde委員会の「日比谷の野音のオーディションの会」で拝見していたので、お会いして「TVと同じだ!」と思わず思ってしまいました。。。

別名「TMGのお父さん」というのも、とても分かる気がします。。「100スタ実行委員のお父さん」とぜひお呼びしたい、とても温かい雰囲気です。


2階の「アトリエ」に着くと、息つく間もなく慌てて、先ほどコンビニで買った荷造りヒモを引き出して、1m毎に絶縁テープを付け、マジックで「1m」「2m」と書いていきました。さんぽが測る人、まッキーさん貼る人、ナベやんさん書く人。

「3m」「4m」・・・と書いて行きました。

画像


そうです、即席の「巻き尺」のできあがり。。

何でかと言いますと、椅子並べを取り仕切る尋風さんが遅れてくるとのことだったので、30mの巻き尺が無いため、コレを代わりに使おうと言う魂胆。。

・・・「10m」、「11m」、「12m」まで行ったところ、SHUさんにTEL。SHUさん曰く、、、

 「尋風さん、大宮に到着しました。あと5分くらいで来るそうです!」

ほっと一息。。このテープの出番が無くなって良かったです。巻き尺は尋風さんにお願いしましょう!

ということで、バタバタとイベントの準備がスタートしました!

(つづく) →その3

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント