第1回「100人でSTART弾こう」レポ その4

さて、レポも4回目。小出し状態でナカナカ進みませんが、今回はどこまで行くのでしょう?初回はこちらです。


●100スタ実行委員にはアートな人が多い?!

では、さっそく会場の設営。。。っと、その前に。。。

そうそう、「100スタ実行委員」のmixiコミュで話題になっていた、ご参加のみなさんに配布する予定の「100スタ記念ピック」を見せていただく事に。なんと、今日のこの日のためにSHUさんがデザインしたピックです。

実はココだけの話、「ピックを作ろう」という案が出たときは、正直、「ピックの記念品とか、ありがちだよな~。」とか、思ってたりしてました(ごめんなさい)。

ところが、SHUさんのリアルなデザイン画を拝見したときは、正直ひっくり返りました。というのも、デザインが玄人裸足なんです。。。これです。

画像
(注:これは仕上がりイメージのデザイン画です。実物写真ではありません)


どうですか、このデザイン画、凄いですよね!!

下の「100スタ」のホームページタイトルイラストを見たときも、「シンプルなデザインの中に、分かりやすさと楽しさが有って、超プロだな~」と思ったのですが、さらにそれの上を行ってます。

画像


そのデザイン画を見ていたので、実物を見るのを楽しみにして来ました。で、こちらが実物。。


画像



「なんと言うことでしょう~!(Befoer After風に)」

ちゃんとした台紙に載って、さらにご丁寧にビニール袋に入っているので、まるで既製品のようです。DEPAPEPEのライブの物販コーナとかにそのまま置いて有りそうな感じです。。。

本日一番の感激です!!これは、良い記念品になりそうですね!


他の実行委員の皆さんは、事前打ち合わせでの「ピックの袋詰め作業」の時に、代々木のカラオケBOXで、すでにご覧になっていたのそうですが、さんぽは、本日お初でした。みなさま、ピック詰め作業、お疲れ様でした!


では、今度こそ会場へ。。。と思っていたら、今度はあゆさんが、じゃらじゃらと何やら袋に入った物を皆さんに1つずつ配り始めました。


さんぽ以外の皆さんは、「あぁ、あれかぁ!出来たんだ~!」みたいな面持ちで、受け取っていましたが、さんぽは何の事やら。。。



頂いたのはこれです。

画像


「今日のイベントは、記念品が盛りだくさんだなぁ。。」と思っていたら、なんと、実行委員の証(あかし)の「100スタ実行委員缶バッチ」だそうです。

しかも、あゆさんのオリジナルデザインだそうです。「超すごい!」

話によると、あゆさんは、こういう「手作り物」のデザインが好きなので、保母さんに憧れていた時期があったそうです。そういえば、10月の「100スタ 練習オフ会」に参加したときに、手作りの名前プレートを頂いたのは、他でもない「あゆさん」でした。。。とても、器用ですね。

この「ねこちゃん」は、あゆさん考案のオリジナルキャラで「AYUNEKO」と言うらしいです。。ピックの方のねこちゃんも、よーく見ると「AYUNEKO」だったりします。。

しかし、こんな楽しい保母さんだったら、ぜひウチのチビちゃんを見て欲しかったです。きっと、手作りの「動物の切り紙」とか、お手の物なんでしょうね、とても暖かいです。


100スタの面々は、ほんとアートな人が多いですね。。


おっと、感心している場合ではなく、そろそろ会場へ準備に行かなくては。。。

(つづく) →その5

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

SHU
2010年11月28日 08:57
毎回楽しく読ませていただいています。
100スタ実行委員のメンバーはアート的な以外にも
みんなそれぞれ才能の持ち主ですよね。
さらにチームワークも良く、その結果がイベントの成功につながったと思います。
ピック袋詰め作業とマスゲーム用用紙作りを歌広で楽しくワイワイやったのですが、みんな手際が良く、あっという間に出来てしまって物足りなさを感じたくらいです。
会場探し、下見ツアー、練習会、ピック作成、その他もろもろ準備はいろいろ大変だったけど今思えばみんな楽しみながらやってた気がします。
2010年11月29日 20:32
ありがとうございます。ホント、100スタ実行委員の皆さんは多彩な方が多いですよね。しかも、チームワークがバッチリと来れば、これだけ素晴らしいイベントになったのも、よく分かる気がします。

今回は、発案しておきながら、出向いてのご協力が当日しか出来なくて、申し訳ございませんでした。でも、みなさんイベントを作り上げていく過程でも、楽しみながら取り組んでらっしゃったご様子で良かったです。

イベントを作り上げていくのって、とても大変ですが後から振り返るとイイ思い出ですよね。(実は、ちょっと羨ましかったりします。。。)