そもそも「地図ラー」って何よ?

一言でいうと「地図が大好きな人」のことです。

最近、とあるイベントをきっかけに、世の中にはそのような趣向のある人々が、なかなかの割合で存在するということを知りました。「ブラタモリ」で高低差や河岸段丘、暗渠(あんきょ)などの単語を聞くと胸がときめき、また、地名の由来などが気になる。ある土地に関する地形・歴史・鉄道などに、興味を持ち面白がって調べたり歩いたり話したりする人々です。必携アイテムは地図。。

どうやら、私「さんぽ」自身も、そのような趣向を持っていることに、最近、少しづつ気づいて参りました。

一説によると、単なる地図マニアのほか、各種地形マニア、高低差マニア(ブラタモリで有名)、暗渠マニア、境界マニア、鉄道一派、城一派、歴史一派など種々の人種が存在しているらしいです。

そして、先日、千葉・地図ラーの会というなんとも怪しくも楽しそうな団体が存在することを知ってしまいました。こんな感じのロゴで、

千葉・地図ラーの会

「千葉市を拠点に活動する、地図が大好きな人たちの集まり」らしいです。会長をつとめる河川マニアな「かいちょーさん」、副会長で道祖神マニアな「ゆっきーさん」を始め、地元大学の職員さん、地元博物館の学芸員さんなど、千葉LOVEな人々からなる、団体のようです。

次は「地図ラー」という言葉の出会いについて話していきましょう。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック