Ubuntu用 Canonプリンタドライバ発見! -備忘録-

昨日、Ubuntuを導入した記事を書きましたが、前から使っているCanonのプリンタ(PIXUS 455i-7年くらい前に購入-)のlinux用のドライバがメーカのサイトにありませんでしたので、動かすことが出来ませんでした。

プリントが必要な場合はWin7機ですればいいかと、諦めかけてたところ。。。見つけました!探せばあるものですね。


「ubuntu プリンタドライバ canon」でググって出てきたページ、

http://www.linuxmania.jp/supported_printer.html

の、「6. メーカー製ドライバが存在しない場合」に書いてある、

OpenPrinting database - Printer Listings
http://www.openprinting.org/printers

で、Manufacturer :Canon、Model :i450として、「ShowThisPage」で出てくるページで、

「directly download PPD」

をクリックすると、ダウンロードできます。

直リンクはこちら
http://www.openprinting.org/ppd-o-matic.php?driver=bjc800&printer=Canon-i450&show=0


適当なフォルダにppdファイルを保存し、
「システム>システム管理>印刷」とすると、自動でプリンタドライバーを探しに行くので「キャンセル」して、そのppdファイルを指定すれば、プリンタードライバのインストールは完了。

画像


プリンターが正常に表示されます。「レ」が付いてるのが分かりますね。

更に、テスト印刷。。。。


画像


無事に印刷できるようになりました。



さすが、linuxのオープンソースの世界ですね。自作で、プリンタードライバーを作っている人が居るのにはホント驚きました。

ちなみに、USBオーディオインターフェースUA-3は特にドライバ不要で問題なく使えました。あと、SDカードリーダ、デジカメEXLIM EX-Z850のマスストレージ接続もOK。

あと、キーボードもELECOM TK-U09H2F2LG(日本語105キー)から、FILCO FKB-89Jに替えましたが、いずれもOK。ま、当たり前ですね。。

FILCOのほうは、「A」の左がCtrlキーなので、キーバインドを変更して、CtrlとCapsLockを入れ替えました。

方法は、「システム>設定>キーボード>レイアウト>オプション>Ctrlキーの位置」で、「Swap Ctrl and CapsLock」をチェックするだけ。windows2000のようにレジストリとかをいじる必要がないのが、マニアなOSだけありますね。。


まだ試してないのが、スキャナCanon Lide80i、BR-600ですが、多分、こちらは難しいでしょうね。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

nikusoba
2010年08月22日 18:50
今日ubuntuをインストールして、プリンタ設定で今まで苦戦していました。PIXUS 455iのドライバで苦戦していたところ、助かりました。有難うございました。

2010年08月24日 21:32
情報がお役に立ったようで、大変うれしいです。プリンタ大事に使ってますね!別にヘッドの修理記事も載せてますので、もしインク詰まりでお困りのときは、また思い出してくださいね。