BR-600ファームウェア バージョンアップ

BR-600をubuntuで使おうと、ユーティリティソフトのlinux版がないか、ローランドのHPに探しにいったら、BR-600のファームウェアのバージョンアップが有ったのを今頃、知りました。。

最新はver.1.11らしいです。
http://www.roland.co.jp/support/downloads/index.cfm?ln=jp&PRODUCT=BR-600&dsp=0

「<」ボタンと、「>」ボタンを押しながら電源を入れると、ファームウェアのバージョンが確認できます。

EXT:1.XX が1.11以下だったら、「書き換える必要あり」だそうで、さんぽが持ってる個体は、1.00と表示されましたので、win7機経由でさっそくバージョンアップしておきました。

2年前にバージョンアップしてたのに、全然、知らなかったです。。

変更内容としては、

[→ Ver.1.11 ]
#CF カードとの互換性を向上しました。

[→ Ver.1.10 ]
#Windows Media Player 11 が起動している状態で PC から書き込みを行うと、BR-600 の CF のデータが壊れることがある点を修正しました。
#書き込みが遅い CF に録音中に「Drive Busy」が発生すると、「Card Read Error」を頻発するソングになる点を修正しました。
#書き込みが遅い CF でも「Drive Busy」が発生しにくくなるよう改善しました。

だそうで、下の2つの症状は、以前、CFの容量が満杯近くになってくると出たことがあったので、このファームUPは大変助かりますね。


で、肝心のユーティリティソフトですが、BR-900用のWavコンバータです。PCへの曲のインポートが素早くできます。BR-600でも使えるのは、案外知らない人が多いかもしれませんね。

BOSS BR Series Wave Converter

→見てみると、やはりlinux用は存在しないみたいですね。。。

一応、ubuntuで、USBでのマスストレージ接続は出来たんですが、残念です。。。

マニアな人が、linux用に作ってないかな?

ではまた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント